Press "Enter" to skip to content

住み込みの仕事でかかるコストとは?寮に入ることのメリット!

基本的にはコストゼロで入寮可能!

住み込みの仕事に採用されると、遠方の場合には新幹線などを利用しなければならないので、交通費もバカになりません。しかし、基本的には、行きの交通費は会社が支給してくれます。契約期間が満了する前に自己都合で辞めた場合には、帰りの交通費は自己負担となりますが、契約期間が満了するまでしっかりと働けば、帰りの交通費を支給してくれることもあります。

寮に入る場合、敷金・礼金はかかりませんので、入居のための費用も基本的にはゼロとなります。寮には生活用具が揃っていることも多く、カバン1つで入寮ができるので、その場合には引っ越し費用などもかかりません。3ヶ月~6ケ月程度の短期の契約となることも多いので、なるべく荷物は少なくしておくのがポイントです。

退去の時のコストもかからない?

寮付きの求人が募集されているのは、遠方からも人を募集しないと人員が足りないという事情があるケースが多いです。会社は優秀な人材を集めたいため、魅力的な条件を提示して、応募者を募っています。

それでは、退去の時にはどうなのかというと、基本的には退去の時にもコストはかかりません。通常の利用をしている場合なら、部屋の修繕費なども請求されることもないでしょう。ただし、故意もしくは過失によって設備を壊した場合には、損害賠償を請求されることもあるので注意が必要です。賃貸の部屋を借りている時と同じように、一般的な利用をしていれば、基本的には心配する必要はありません。

契約期間が満了した後、実家に帰る人は基本的にコストはかかりませんが、新しくマンションなどを借りる場合には、賃貸契約のためのお金を用意しておく必要があります。

寮の求人で多いのが工場です。部屋も広く設備もいいところが多く食事の用意もしてくれます。お金が貯まるまでなど気軽に寮を利用するこができます。