Press "Enter" to skip to content

入社後に免許が取得できる!?転職先のタクシー会社を選ぶ時の注意点

中高年に人気の転職先のタクシードライバー

タクシードライバーになるためには普通免許証ではなく専用の運転免許証が必要になります。一般企業で働いているような人の中で持っている人は少ないです。タクシー会社ではドライバーを確保するために専用の運転免許証は入社した後に取得することも可能という条件で採用するケースもあり、それほどタクシー業界内での人材獲得争いが激しいことがわかります。中高年の会社員の中には働いている会社を辞めて転職してくる人もいます。中高年の転職先数は少ないために今までの経験を活かす転職先を見つけるのは困難であるためにタクシー業界に飛び込んでくる人達も多くいます。そのような人達の受け皿として入社した後に資格を取得して活躍できるという会社は人気があります。

安心してタクシードライバーができる給与体系

ただ中高年の人達もタクシー会社に転職する場合には転職先のことを知っておく必要もあります。中高年の場合には何度も転職を繰り返すことが難しいためです。入社後に必要な資格が取得できることを前提として考えて、後は入社後の給与体系等も面接時に確認しておくことが必要です。タクシー会社の給与体系においてはお客さんを乗せて走ればその分給与に跳ね返るような従量制を採用しているところが多く、その場合には基本給という固定給が低く抑えられています。頑張れる自信があればそれでもいいのでしょうか、初めてタクシードライバーを経験する人からすると全然お客さんを乗せられないことも考えられます。そのため給与体系ができるだけ固定給部分が高いタクシー会社の方が安心して働きだすことが可能になるためそのようなタクシー会社を探しだすことが重要になります。

人手不足などの理由から、ドライバーの求人は増加傾向にあります。また、求人の条件なども良くなっているので、働きやすい環境が整っています。