Press "Enter" to skip to content

キャリアアップもできる!?英語を身に着けて世界へ挑む!

英語は武器になる!けれども英語だけじゃダメ

英語が出来ることで、可能性が広がります。世界的に広く使われている公用語なので、どこの国の人とでもコミュニケーションがとれます。それはビジネスについても同じことです。英語が出来ると、転職や昇進の際に、有利に働くでしょう。しかし、ビジネスで英語を扱うには、英語が出来るだけではダメなのです。

例えば、自分の考えを持っていなかったり、話している内容に中味がなかったりする場合はどうでしょう。流ちょうに英語が話せても、ビジネスには通用しません。英語が下手でも、その場をまとめ上げることのできる人物の方が評価されるでしょう。

英語を学ぼうとする時は、ただやみくもに英語力を磨こうとするだけでなく、ビジネスパーソンとしての教養も身に着けることも必要です。英語力は、教養や基礎がある人に身に着いて初めて、強力な武器となってくれるのです。

職種でこんなに違う英語の使い方

英語でキャリアアップを、とお考えの方もいるでしょう。しかし、英語力を身に着けるには、ただやみくもに英語を勉強すればよいという訳ではありません。会社によっても職種によっても、求められる英語レベルやスキルは異なります。例えば営業であれば顧客と話す機会が多いので、英会話が必要でしょう。また、事務職であれば書類やメールなどを扱うので、読解力がより求められますよね。外資系であればより高い英語力を求められるでしょう。大切なのは、目標とするレベルやスキルをきちんと見定めて、それに向かって勉強をすることと言えます。

英語の転職を行う場合は、英語ができることが前提としてあります。そのため、英語に関する資格を有していると、転職に有利になります。