Press "Enter" to skip to content

未経験・無資格でも介護の仕事は始められるの?

介護が未経験の場合は?

もし若いうちに介護の仕事に就くことを決めたのであれば、介護の専門学校に通って、介護福祉士の資格を取るのが王道と言えます。就職直後からスムーズに仕事に取り組むことができますし、その後のキャリアアップもしやすいからです。でも、年齢が若くない場合や異業種から転職したい場合には、専門学校に通う時間はありませんよね。でも未経験、無資格でも介護の仕事を始められるので安心してください。ご存知の通り日本では少子高齢化が急速に進んでいるせいで、介護の現場では人材不足が慢性化しています。そのため、無資格であっても採用してくれる会社も多いのです。無資格から始めて、現場の仕事を知る中で、介護の仕事への適性を見極めてから、資格を取るという人も少なくありません。その際は、指導体制の整った会社や資格取得の際にサポートをしてくれる会社を選ぶと、その後の資格取得がスムーズにできるでしょう。

資格を取得するなら何から始めればいいの?

適性を見極め、資格を取ることになったならば、まずは介護職員初任者研修を取る人が多いです。比較的易しく、介護の基礎知識がしっかり勉強できるからです。また、将来的に社員になりたい場合などは、初めから介護職員実務者研修を取る場合もあります。こちらは難易度は上がりますが、いずれ介護福祉士の資格を取得する際には必要となる研修なので、早くキャリアアップしたい場合は挑戦することをおすすめします。大変なイメージの強い介護の仕事ですが、その分大きなやりがいを感じられる仕事でもあります。また将来にわたり安定した業界だと言われていますので、興味を持ったのであればぜひチャレンジしてみましょう。

介護の求人を東京で申し込むことで、資格を持っていない人や、未経験の人であっても、満足して働ける職場を選ぶことができます。