Press "Enter" to skip to content

子育てあるある!子供の友達トラブルってどんなもの?

子供同士のトラブルはどう対処するべき?

子育て中のママにとって悩みの種になるのが、子供同士のトラブルです。間に入るべきなのか、そっと見守るのが良いのか正しいのはどっち?ママとしてはなるべくなら自分で解決してもらいたいと願っている人が多いでしょう。しかし、子供同士での対処ではちゃんと解決できないこともありますし、逆に親が介入して大事になることも珍しくありません。今回は、未就学児や学童期の子供によくあるトラブルと対処法について詳しく説明していきましょう。

よくある未就学児の友達トラブルと対処法

未就学児はまだ未熟ですから、どうしても悪いことをしたという意識が乏しいものです。よくあるトラブルが「叩いた」「蹴った」「押した」「物を盗った」など。このような出来事は感情を抑えることができない為に起こるトラブルの一つですので、された側もそこまで気にしていない場合も多いのですが、厄介なのがされた側の親の存在です。これぐらいの年齢ですと、やったやられたというのは日常茶飯事であり、余程のケガじゃないのであれば大事にしないように注意しましょう。昨日「嫌い」と言っていた子供とも翌日には仲良く遊んでいるなんてことは珍しくないのです。

学童期のトラブルは注意が必要

学童期に入ると、言葉が達者になってくることもあり、人を傷つける言葉をチョイスするようになります。感情的に叩くことや蹴ることはなくなりますが、言葉によって人を責め、それがトラブルの原因になることがよくあります。「ズルい」「裏切った」など大人顔負けの言葉で人を責め立てるようになる為、傷つきやすい子供の場合はいじめへと発展してしまうことも珍しくないのです。そのようなトラブルが続出するようでしたら、学校の先生や保護者などを交えて解決していく必要があります。

働きやすい主婦のパート求人の特徴は、短時間勤務も選べることです。1日3時間のシフトも選べる求人であれば、子育て中の人でも応募することができます。