Press "Enter" to skip to content

就職活動を行う時の服装で覚えておきたいこと

服装は選考で評価される

高校や専門学校、大学などを卒業する際は多くの学生が就職活動を実施し、4月から社会人として新生活をスタートしています。また、在学中に内定を得られなかったとしても、諦めずに就職活動を続けていれば希望を満たす企業から内定を得ることは可能です。就職活動中に面接を受ける場合、評価の対象となるのが質問に対する内容が重要です。また、面接をしている時の表情や態度も評価されるポイントとなっています。さらに、服装についても選考で評価される部分なので、気を抜かずに準備することが大切です。面接で最も評価されるのは面接官とのやり取りの内容ですが、服装はマナーな常識という部分での評価に使用される材料になると理解しておきましょう。

スーツは公式の場で着用する衣類として最適

就職活動での服装に制限はないので、自分が思う通りの衣類を身に付けて選考に参加しても問題ありません。友達と遊ぶ時のような服装でも就職活動を行うことは可能ですが、適しているとは言えません。就職活動は勤務先を決めるという人生の中でも重要な機会なので、失礼のない服装を心掛ける必要があります。失礼のない服装で最も無難なのはスーツです。スーツは公式の場での服装として認知されているので、就職活動の際に身に付ける衣類として最適です。スーツを身に付ける際はワイシャツや靴、鞄などにも注意を向けることが大切です。また、スーツ一式の状態も重要で、汚れやシワの目立つ状態は清潔感に欠けるため、綺麗な状態にした上で選考に参加しましょう。

新卒紹介とは新卒学生に無料で就職先の紹介をしてくれるエージェントサービスです。一人ひとりに担当のアドバーザーが付き一緒に就職活動をしてくれます。